宇宙系で行こう

森田トーフ 公式ブログ

肩書きが長すぎる件

こんにちは、トーフです。

今回はセミコン出場者の肩書きに関して気になる共通点を。

これまで20回以上の大会を見てきて思ったことは、肩書きが長いということ。

僕も「ごく一部の人だけに役立つ講座・会長」だったので人のことを言えるような立場じゃないですが。w

当時はどうしようもなかったのでこれで出ましたが、今だったら「日本マニアック協会・会長」にします。

こっちの方がインパクトがあるし確実に覚えてもらえるので。

数多くの肩書きを見てきて共通しているのは「◯◯する▲▲アドバイザー」みたいな感じで、ちょっとした文章が頭に付いているんですよね。

前にも書いたように参加者が7人もいると記憶に残してもらうだけでも大変なので、変に長い肩書きを付けてしまうと覚えてもらいにくくなります。

ちゃんとしたセミナータイトルを付けていれば頭の「◯◯する」の部分が要らなくなってくるし、その分肩書きをシンプルにすることが出来ます。

原因としては説明することによって無意識に保険をかけてしまうのかなと。

セミコンに参加する人って、ほぼ長めの肩書きを付けがちなので、こういうことを知っておくだけで少し目立つようになります。

オブザーバーに配られるパンフレットには今大会で発表されるタイトルと肩書きが書かれているんで、そこでちょっとだけでも興味を持ってもらえると大きいです。

とは言え大事なのはセミナー本編なんで、余裕があればやってみてください。