トーフ先生の進路相談室

ドラクエタロット始めました

存在給のことがやっと腑に落ちた件

f:id:trmrt:20190209103108j:plain

こんにちは、トーフです。

そもそも存在給が分かっているという前提で書いていくので、存在給が分からない人はググってみて下さい。

存在給という考え方については何年も前から知ってはいたものの、分かったような分からないようなという感じでした。

収入を増やそうと「自分は価値がある」とアファメーションしてたものの何も変わらず。

自分は価値がある存在だというのは腑に落ちていたので、何も変わらないということが不思議でした。

どうして何も変わらなかったのか、その謎がようやく解けました。

何故かと言うと、収入=労働やサービスの対価にしていたから。

周りに何かしらのサービスを提供することによって、お金が入ってくるというのが当たり前になりすぎて、それが存在給を下げる原因になっていたことに気が付きませんでした。

しかもサービスを上手く提供できていなかったものだから、それをなんとかしようと躍起になるものだから余計に悪化するという…。

存在給って結局の所、自分の存在に対してお金が入ってくるというわけなんですよね。

上手くいってる人を見てるとサービスの対価としてお金が入ってくるのではなくて、その人だからという理由でお金が入ってきてます。

一見するとサービスを提供しているからお金を受け取っているようで、本質は存在の対価としてお金を受け取っています。

そのことに気がついたら何をやっててもお金が入ってくると思えるようになりました。

自分で在ることが収入と直結しているので、それこそ天井知らずですよね。

存在価値と収入が、やっとリンクしたので気持ちも楽になりました。