日本マニアック協会ブログ

自分が書きたいことを書くだけ

30年分のヘドロがごそっと取れた話

f:id:trmrt:20181221093753j:plain

こんにちは、トーフです。

前回、書いた「9割ぐらい取りこぼしている話」の続きです。

あと少しでエネルギーがガラッと変わりそうな予感があったので、この食事会の翌日にアーティストさんを呼び出して、じっくり話をすることにしました。

凄いことをやってのけているのに自己肯定感の低さはどこから来ているのか探ってみたかったんですよね。

去年ぐらいから定期的に会って個人セッションをやってきてたので、ちょっとずつエネルギーが変わってきてる感じはありました。

その総仕上げが出来るのが今回なのかなと思ったわけです。

じっくり話を聞いてみて感じたのは繊細そうに見えるけど、本当は神経が図太いということ。

家では旦那さんからは図々しいよねとよく言われるそう。w

根っこの部分では自分のことを天才だと思っているし、向かう所敵なしだとも思っているんですよね。

それが高校の時の出来事(周りの人と比べてしまったり、先生から評価されなかったり)によって隠されてしまって自己肯定感の低さに繋がったのでした。

しかも、これらの出来事に対して根っこの部分では自分はそんなもんじゃないと怒っていたように感じられたので、そのことを伝えてみたら本人は気づいてなかったようで驚かれました。

僕からしたらそもそも自信満々な人なのに、高校の出来事で自信がないと勘違いして、それを何とかして自信を取り戻そうという見えたわけです。

この自己肯定感の低さは、自信がないと勘違いしているところから始まっているので、そのことを指摘したらハッと気づいて元の自信満々な状態に戻りました。

中の人が変わったのかなと思ってしまうぐらいエネルギーが上がったので僕が驚きましたよ。w

その時の感想として「30年分のヘドロがごそっと取れた!」と言ってもらえたわけです。

フランスで個展をするのが夢だと語っているので、これもすぐに叶いそうな気がしますね。

こうやって人が変わる瞬間を見るのが、本当に楽しい!