自分らしく稼ぐ

トーフ先生の進路相談室

個人セッションで鼻血を出させてしまった話

f:id:trmrt:20181212084116j:plain

こんにちは、トーフです。

コーチングとかカウンセリングとか個人セッションをやってる人って大勢いますよね。

そんな個人セッションでクライアントさんが泣いてしまうケースというのも多かったりします。

僕も何回かあります。

あっ、別にキツイことを言って泣かせたわけではないんで。w

ここまではよくある話。

タイトルにも書きましたが僕は涙ではなくて鼻血を出させてしまった経験があります。

おそらく日本全国の個人セッションをやってる人でも激レアなケースなんじゃないのかなと。

何をやったらそうなったのかと言うと、受け取りベタなクライアントさんに対して褒めるようなことを言ってただけ。

しかも、その時は対面ではなくて電話を使ってのセッションでした。

なので急に「鼻血が出てきちゃいました」と報告された時は驚きましたよ。

その人は他にも何人からかコーチングを受けてたらしいのですが鼻血が出たのは初だそうです。

というか当たり前ですが。w

面白いのは以前だったら褒められても全力で拒否していたのが、これきっかけで褒められた時に受け取れるように変化したんですよね。

まだ自己否定している発言はあっても明らかに根っこの部分が変わっていってるので時間の問題なのかなと。

色々と自分の実績があるなかで、この話が一番インパクトがあるらしい。w

他の話は少し説明が必要だったりするので伝わりにくいのかもしれないですね。

個人セッションを長いことやってたら、こういうこともあるんだよという話でした。