アーティスト性の開花

f:id:trmrt:20180910101025j:plain

ふと「アーティスト性の開花」というフレーズが浮かんできたので今日はそれについて書いてみる。

僕がやってる活動の根底にあるものとして、自分らしく生きる人を増やしたいなと思っています。

ただ、この言い方って皆んなが言ってるものだから、そんなに刺さらないというか面白みがないんですよね。

もっと別の言い方が出来ないのかなと。

そうしたら最初のフレーズが浮かんできて、これは良いんじゃないのかなと思ったわけです。

何日か前に自分が欲しいサービスを作ろうという記事を書きましたが、まさに「アーティスト性の開花」というサービスがあれば僕も受けてみたいなと思えたわけです。

これは後日気づいたことですが、アカシックリーディングの講師だったヒトミさんのプロフィールにもそのようなことが書いてあって、無意識にも関わらず方向性が似た人を選んでたみたいです。

これは何となくですが多くの人が内側にある世界観を表現したがってるように思えるし、だけどそれをどうやって表現すれば良いのか分からなくてモヤモヤしているように感じるんですよね。

実際に僕がそうだったし、それで試行錯誤してきたので気持ちは分かります。

そういう人たちのサポートをしていきたいし、どういう世界を表現するのか実際に見てみたいですし。

僕のコアな部分を言語化出来たような気がしてスッキリしました!