分かりにくいことも魅力になる

僕のやってることって傍から見ても分かりにくいと思うんです。

アイロンビーズ作ったり、アカシックリーディングの講座に行ったり、オリジナルのタオルを作ったり…と本当にバラバラ。

根は真面目なやつなんでビジネスの勉強もしてまして、そこで大抵言われていることが分かりやすくすること。

あれもこれもやってると言うと何をやってる人なのか分からないから選ばれないと。

確かにそうだなと思ったので分かりやすく自分を表現をしようとすると何だかつまらなくなってしまうという。

それで結果が出れば良いもののそういうわけでもない。

そういうわけで開き直って自分の好きなことをやっていこうとすると、自分としては楽しいものの分かりにくいから人は付いてこないだろうと。

分かりやすくてもダメで、分かりにくくてもダメというジレンマに陥ってました。

で、アカシックリーディング入門講座の話

そのことを昼飯の時に話したら講師のヒトミさんから

「好きなことやっててエネルギーが出ているのだから、そこに惹かれて人はやってくるよね」

みたいなことを言われたわけです。

確かにそうだなと。

分かりやすくでもしないと人は集まってこないだろうと相手のことを信頼していない自分にも気がついてしまったわけです。

正味10分ぐらいのやりとりでしたが、ここでツッコまれなかったら一生気が付かなかったかもと思いましたよ。

分かりにくくても大丈夫なんだと腑に落ちたら気が楽になりました。

よくよく考えれば今回の講座も分からないから興味があるという感じでしたんで。

あまりにも分かりやすいと興味すら持たないですし。

エヴァ監督も言ってた

ここまでの流れを友人に話したら、最初に貼り付けたCMを教えてくれました。

おー、似たようなことを言ってる!

あまりにもドンピシャなことを簡潔に言っているのでちょっと感動した。w