好きなことしてたら結果的に集客できてた

セラピスト界隈の人ってお茶会をしているイメージがある。

お茶会をすることによって自分の仕事に繋げていくという流れだと思うし、それを勧めている人もいるのも確か。

あながち間違ってもないけれど大事なことを見落としているような気もする。

そもそもだけど、お茶会を開催するのが好きでなければ、あまり効果的ではないですよね。

主催者のやる気が低かったら参加者にも伝わるだろうし、そんなエネルギー状態では人も集まってこないだろうし。

お茶会やって集客できてるという人は、好きでお茶会やってたら結果的に集客出来てたというのがしっくりくる。

そういうことなんで例えばブログで集客できてる人は、好きでブログ書いてたら結果的に集客できてたというのが合ってるような。

好きでなくてもパワープレイで押し切ってしまえば短期的に結果は出るのかもしれないけど、やってる本人が苦しいだろうし長期的に続けられない。

それだったら好きなことやった方が良いよね。

なんでカラオケが好きな人はカラオケ会をすればいいし、旅行に行くのが好きな人はツアーを組んで旅行してみることが結果的に集客できるのかもしれない。

こればっかりはやってみないことには分からないけど。

僕も好き勝手にやってたら仕事になってたというパターンが多いんで、まず集客するために◯◯するというのから離れてみても良いかもねという話でした。