日本マニアック協会ブログ

自分が書きたいことを書くだけ

好きで得意で役に立つこと

小学生の頃からコケ芸を練習するほどボケるのが好きで、大人になった今でも変わらない。酒を飲みながらくだらないボケをかましている時の自分はいきいきしているし輝いているなと思う。

それが上手いこと昇華したのが「ごく一部の人だけに役立つ講座」で、遊びでやっていることが人の役に立つのだと人生観が変わった。それとは真逆のセミナーコンテストのスタッフをやることによって王道なこともプロデュース出来るんだなと自信がついた。

アイロンビーズを作ったり、それを部屋に飾ったりするのもボケているつもり。それを見てくれた人がクスッと笑ってくれたら嬉しい。なんで人を笑わせるのが好きなのかなと考えたことがあるけど、笑顔を見ることによって自分も笑顔になれるからかもしれない。

まさか斜め上の発想が役立つなんて思ってもいなかったし、もしかしたらそういう当たり前にやってることに自分の武器が隠されているのかもしれない。そこにスポットライトを当てて価値が有るのだと認めることから全てが始まるね。