トーフ先生の進路相談室

宇宙の法則実践ブログ

肩書きにはセンスが出る

当初は「肩書き診断士」と書いていたけれど、それだと堅いよねと指摘されたので変えてみました。面白かったのは、そういう指摘があったから診断士の部分を何にしようとFacebookに投稿したらコメント欄で大喜利大会が始まったこと。2016年で一番コメント欄が盛り上がったと思う。

僕の経験上、Facebookを使って何度か告知をしたとしても、意外と知れ渡ってないことが多い。そこら辺をどうしようかなと考えていたら自然発生した大喜利大会によって解決しました。こんなことってあるんですね~。

ちょっと話は変わりますが、僕も肩書きを見て人を判断していることが多いなと気づいた。そこで、その人が面白そうか否か無意識に判断しておりましたね。最近だとネットで細胞アーティストを名乗ってる人を見つけて興味がわきましたし。

名刺をもらった時でもキャッチコピーはあんまり読まないかも。キャッチコピーなんで20文字ぐらいしか無いけど、なんかもう文章という時点で避けているのかもしれない。より感覚的に伝わってくるというのを求めているのかもしれない。