トーフ先生の進路相談室

宇宙の法則実践ブログ

潜在意識の声が聞こえた瞬間

深夜帯にテレビを見ていた時に「人生というゲームは激ムズなんだよなー」と、ふと思ってしまったわけです。無意識に思っていることがポロッとこぼれたみたい。これって当たり前のことを呟いたような気もするし、普段そういうことを思っているからそうなるのだとも思ったわけです。

なんで、そんなことを思ってしまったのか考えてみたら、おそらく自力で全てを何とかしようとすると、そう思っても仕方がないなと。逆に自力で何とかしようとせず流れに任せておけばベリーイージーになりそう。よく聞くボートに乗って川上に向かっていくか、川下に向かっていくかのアレ。

ということは、まだまだ自分は川上に向かって必死にボートを漕いでいるわけで、だから人生は激ムズだと言ってしまうわけです。気がついたら簡単で、それを認めたうえで流れに任せていくように意識を変えていくだけ。

楽しくテレビを見ていたら無意識にそんなことを考えてる自分に気がついて驚いたという話でした。まだまだ頑張ろうとしている自分に気がついて戻るの繰り返しだけど、100%委ねられる自分になったらどうなるんだろうと興味津々。